インフォメーション

「ゼロから始める!糖尿病運動療法(To Do ! EXE)」についてのご説明

2015.02.23
1.「ゼロから始める!糖尿病運動療法(TO DO ! EXE)」とは

2012年3月から約3年にわたり獨協医大越谷病院内で毎週水曜日に実施している運動療法指導経験から作成した体操プログラムのことで、実践して頂いていた糖尿病入院患者さんから大変ご好評を頂いております。
一般的に糖尿病の治療は、薬物療法・食事療法・運動療法を三本柱として行います。薬物療法については内服薬やインスリン注射等を医師が処方し、食事療法については管理栄養士が指導していますが、一方で運動療法については、指導が十分に行き届いていないのが実情です。
そこでこのたび、運動を指導するプロフェッショナルであるスポーツクラブのインストラクターと糖尿病専門医が連携し、病院内で約3年の実績がある糖尿病患者向けの軽強度運動「ゼロから始める!糖尿病運動療法(TO DO ! EXE)」DVDを制作・発売し、頒布することとしました。
この取り組みにより、糖尿病改善への活動をさらに広げてまいります。


2.DVDの内容は

糖尿病の食事療法においても食べれば治るという食事がないのと同様、運動療法においても糖尿病が治る特別な運動はございません。
したがって、収録したエクササイズは特別のものではありません。糖尿病患者様の中には身体を動かす機会が少なく、またどんな運動を行っていいのか分からないため、運動から遠ざかり体が硬くなっている方が多数見受けられます。そこで、実践教室では、まず身体の関節可動域を広げることからはじめ、身体を動かすことに慣れていただくこと、つまり運動しやすい身体作りを主眼に置いて実践しております。このDVDをきっかけに運動を習慣づけていただければ幸いです。DVDには12種類のエクササイズが収録されており、それぞれのエクササイズが約1分で、計12分程のエクササイズです。ご自宅でご負担なくできるエクササイズですので、ご活用いただきやすいと考えております。
ただし、運動が適さない糖尿病患者様もおりますので、主治医の指示に従いご活用いただくようお願い申し上げます。


3. TO DO ! EXE(トゥードゥー エグゼ)の由来は?

TO DOの意味は「しなくてはいけないこと」転じて「忘れてはいけないこと」です。また東武と獨協、それぞれの頭文字である「To」と「Do」を結び付けて、二施設のコラボレーションの意味も含めています。
EXE(エグゼ)はEXERCISE(エクササイズ)を略したものです。
「日々の生活のなかで、身体を動かすことを忘れないようにしましょう」という思いをこめた運動プログラムとし思いをこめた運動プログラムとしてこの名前を考案しました。


4.運動指導・監修について

【監修】 原 健二 (獨協医科大学越谷病院 糖尿病内分泌・血液内科 医学博士・学内講師) 【運動指導】 古屋 浩司(東武スポーツクラブ フィットネストレーナー) 大野 裕史(東武スポーツクラブ リ・プレオン新越谷 インストラクター)

お知らせ一覧に戻る